毎日厳しく過ごす崖っぷち

職場でのノロウィルス対策について

2015年1月28日(水曜日) テーマ:ネット

職場でのノロウィルス対策について、生鮮品を扱う職業ではどのようにしているか記載します。

まずノロウィルスの感染経路ですが、その多くが嘔吐物による接触です。

お客様が嘔吐した場合、サービス業としてすぐに片付けるのはもちろんですがここで注意が必要です。

生鮮品を扱う人が嘔吐物に関わるのはとても危険なのです。

なぜならそこから二次感染する可能性があるからです。

ですから、そういった場面に出くわした場合、担当者(多くは掃除専門の人)以外は近づかない事が鉄則です。

また、ノロウィルスにはアルコール消毒は意味がありません。

漂白剤を使用しきちんと処理する事で二次感染を食い止めるのです。

社内でもノロウィルスを蔓延させない工夫が必要です。

手洗い、うがい、マスク着用、また、ノロウィルスに関わらずウィルスは乾燥した空気で飛散しやすくなります。

適度な湿度と充分な手洗い、免疫をつける体づくりをするのも感染を寄せつけない秘訣なのです。

ノロウィルスは症状が強く出るものです。

かかってしまったら医者に電話をし、他の患者さんにうつさないよう、隔離下で受診するようにしましょう。

ノロウイルス除菌スプレー